ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは、田村です。

YouTubeでは検索すると色んな選手の練習動画を見ることができますね。

お気に入りの動画はiPadに保存して大きな画面でゆったり見るのが最近は日課になっています。

僕はフェデラーが好きなのでiPadの中はフェデラーの動画が圧倒的に多いのですが、その中でも最近繰り返してみるほどお気に入りの動画がありますので紹介したいと思います。

タイトルが「Federer's forehand slow motion」で、フェデラーのフォアハンドストロークのスローモーションを集めた動画です。

federer fore london


フェデラーの美しいフォアハンドストロークとバックでかかってる音楽がとても合っていてとてもカッコいいです。

その中で特にお気に入りのシーンがあり、ウィンブルドンでのフォアハンドストロークはとても美しいですね。

後ろ髪を結っているので2004年頃の映像だと思いますが、この映像を見た瞬間「まるで地球が自転している」様な印象を受けました。

とても綺麗な軸でブレることなく回転しているその姿はまさしく真っ暗な宇宙に浮かぶ地球が回転している姿と重ね合わせてしまったのです。
(完全に頭がおかしなことになっていますね。苦笑)

何だかとても壮大な表現をしてしまいましたが、まぁそれぐらい感動したということが言いたかったのです。

フェデラーのフォアハンドは宇宙と肩を並べる程の壮大な訳ですがこの動画で注目すべきポイントはやはりラケットのでどころの遅さにあると思います。

フェデラーに限らずプロのスウィングはスウィングが始まってからラケットが出てくるのがとても遅いです。出来るだけ手元にボールを呼び込んでいって最後の最後でやっとラケットのフェースが出てきてインパクトの瞬間が凝縮されるので凄まじいボールが飛んで行くのですね。

フェデラーまではいかなくともラケットヘッドが遅れて出る感覚でボールを打つことができるとボールはとても簡単に飛んでいくのでテニスがとても楽になると思います。

マスターズローマ大会でナダルとフェデラーが決勝で当たりそうですね。これから準決勝なのでまだ決まった訳ではありませんが、ドローを見ると多分そうなる予定なので、久々のナダル対フェデラー戦見てみたいですね。

federer fore rome

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/77-1f9647c2

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。