ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは、田村です。

今日は友人に誘われて練習試合をしてきました。

集まった人達はとても上手な人が多く、レベルが高かったです。

試合になると緊張もあってか、ミスが多く心が折れそうになる瞬間がとても多く、自分の不甲斐なさに凹んでしまうことが多々ありました。

周りの人のレベルが高い状況でちょっとうまくいかなくなるとなおさら自分のやることに自信が持てなくなり、萎縮している自分がいました。

この状況、何年か前にも体験したなぁと思い、さてどうやって解決しようかと試合待ちの間に考えてみました。

このような状況になると何だか自分がとてもダメな存在に思えてくるんですよね。ミスをした時にパートナーに申し訳ないという気持ちとミスをした自分がカッコ悪いなぁという気持ちがありました。

ここで大事なのは別に周りもパートナーもそんなこと全く思っていないのに自分で勝手にそう思い込んでしまっているんですね。誰も否定していないのに自分の存在自体が否定されたような感覚とでもいいましょうか。

以前の僕だったらそのまま心が折れてしまっていましたが、こうやって冷静になって自分の心を分析できるのだから少しは成長したのかな?

少し考える時間を取ってから臨んだゲームでは落ち着いて自分のサービスゲームをキープすることができましたし、ペアとしても勝つことができました。

大事なのは失敗しても自分のスタイルを貫き通すことですね。

試合をすることで改めて自分を信じ続けることの大切さを学びました。

federer thinking
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/63-a443933b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。