ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは、田村です。

いよいよ、ロンドンオリンピックが始まりますね。

注目のテニスですが、各国の選手は既にウィンブルドンで練習しているようですね。

フェデラーはヒューイットと一緒に練習したみたいです。

roger lleyton


写真を見るとウィンブルドンの芝は青々と光輝いていますね。短期間で元通りに戻るものなんですね。

さて、今回は体操の内村航平選手の話でとても面白いなあと思ったので紹介したいと思います。

uchimura


先日NHKでミラクルボディというスポーツドキュメント番組を観ました。

この番組はアスリートの身体の仕組みを科学的に解明する番組なのですが、今回内村選手が特集されていました。

僕が面白いと思ったのは彼が体操を続ける原動力(モティベーション)です。

内村選手がまだ体操を始めて間もない頃、蹴上がりがなかなかできずに苦労したそうです。

あきらめずに練習を繰り返す中、ある日いつの間にか蹴上がりができるようになった時の嬉しさが内村選手は忘れられなかったみたいです。

この時の出来ない事が出来るようになった時の嬉しさや楽しさが体操を続ける原動力になっているそうです。

この感覚は僕自身もとても共感できます。

僕がテニスを続けている理由の一つはこの「出来ないことが出来るようになった」時に楽しかったり、嬉しいと感じられるからです。

最近、練習する時間がたくさんあり、ついつい夢中になってしまいました。もちろん身体は疲れましたがとても楽しかったです。

自分の中で今まで出来なかった事が出来るようになったり、新たな発見や気付きがあるとその事に夢中になりますよね。

ここでもうひとつ面白いのが端から見たら厳しい練習をするとか努力をしているという風に見られているのでしょうが、当の本人はあまり厳しいだなんて思っていないのですね。

好きでやっているのですからとても楽しいのです。楽しいから夢中になってしまって気が付いたら長時間やっていたという感じでしょうか。

努力というと何だか頑張っている感じがしますが本人は頑張っているなんて全く思っていなくて楽しいからやっているだけなんですね。

その様な感覚で取り組めると長続きしますし、本人にとっても周囲の人もとてもハッピーな感じがしますね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/57-a31e6fdc

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。