ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは。田村です。

ウィンブルドンも2週目に入りましたね。

先日フェデラーvsマリッセ(ベルギー)の4回戦の模様を見ました。

結果はフェデラーがセットカウント3-1で勝ちましたが、試合の序盤からフェデラーの動きがいつもに比べて大人しく、強打もしませんし、サービスも遅めで元気がない感じでした。

そしてフェデラーにしては珍しくトレーナーを呼ぶシーンがあり、「大丈夫かなぁ」と心配してしまいましたが、
8分程メディカルタイムアウトを取った後、試合は再開されました。

どうやら背中に違和感があったみたいです。

この試合を観ていて面白いなあと思った点は、フェデラーが無理をしないでプレーをしていた点です。

強打や速いサービスを打つと背中に負担がかかるからか、無理をしないで楽に打ち返していました。

このフェデラーの無理をしないプレーが驚きの連続でした。

速いサービスも強打もないのですがマリッセを振り回してウィナーを打ったりボレーでもドロップショットなどタッチ系のショットで決めたりとマリッセを翻弄していました。

何だか余計な力が抜けているから見た目以上にボールが伸びている感じましました。

雨の中断を挟んでからは少し調整をしたのか徐々に本来のフェデラーのプレーに戻っていき要所では強打も見せていました。

怪我をしていても逆境を乗り切るメンタルと技術力にはとても驚かせられました。

federer backhand

さて、少し長くなってしまいましたが今回は「気付き」について書きたいと思います。

僕の仕事はテニスコーチで、人にテニスを教えるのが僕の仕事です。が、正直まだまだ自分でもわからないことがたくさんあり、僕自身もテニスが上手くなりたいと日々思っています。

上達するにあたって人からアドバイスを受けて教わって上達することが多いと思いますが、最近テニスをやっていて思うのは「自分で気付くことで飛躍的に上達する」ということです。

人からアドバイスを受けた時に直ぐに理解できる時もあれば逆によくわからない時や聞いてもピンと来なかったりする場合もあると思います。

仕事柄、人に物事を教えることに携わっているのでどのように伝えれば相手が上手く理解してくれるかな?と常に思っているのですが、上手く伝わった時もあれば上手く伝わらず不完全燃焼だった時もあり、試行錯誤の連続です。

そこで自分が教わったり、アドバイスをされた時に置き換えて振り返ってみました。アドバイスを受けてイマイチ理解していない時というのは僕も経験があり、その時は聴いてはいますが、理解できていないので頭の中からスルーしてしまっている気がします。

その時はわからないので悶々とした日々をほんの少し送ることになるのですが、色々考えたり試したりしているうちに点と点が繋がって線になる瞬間がある時やってきます。

これが「気付き」です。

hello idea

自分で気付くことができると「あの時言っていたことはこういうことだったのか!」と自分の頭の中で理解し始めます。そうなると自分の世界がグッと広がる感じがします。

また、ひとつの事に気付くと他の事にも気付くのが早くなり、芋づる式にどんどん世界が広がっていきます。

こうなるととても楽しいですし幸せな気分になりますね。

他人からアドバイスを受けてわからなくても決して無駄ではありません。その時はわからなくても時間差でわかる時が来るかも知れません。

ただ、ひとつ問題なのは他人からのアドバイスばかりをあてにしてしまうと自分で気付くことが出来なくなってしまいます。

他人からのアドバイスを聴き過ぎてそれらの意見に流されてしまうといざ一人になった時に自分がどう思うのかわからなくなってしまうのですね。

ですから、アドバイスは目安だと考えて、まずは自分がどう思うのか、感じてあげることが大事だと思います。

そうすると自分の中の感覚であったりイメージが湧いてくると思います。それがやがて自分で気付くことに繋がってくるのだと思います。

最近はレッスンをやっていてわからない人にいくら「~はこうなんですよ。」と力説しても上手く伝わることは少ないので、その人が如何に自分で気付くことができるのかを意識してレッスンしています。

そうすると教えているこちらも悶々としたりイライラすることが無くなってくるものなのですね。生徒にも良いですし、自分にも良いと思います。

僕は物事を習ったり、習得したりする際に年齢や性別、身長や体型はあまり関係ないと思っています。

生まれながらに持ったセンスの良し悪しはあると思いますが上手く行かないとかできないのはセンスが悪いのではなく、上手くいく方法を知らないだけですから方法を知っている人から上手くやる方法を教わって自分でそのことに気付くことができると上達は飛躍的に早くなると思います。

逆に言えば自分で気付くことができないと上達は難しいのかも知れません。

ウィンブルドンも後半戦に入ってきました。男子はシード勢が順当に勝ち残っていて準決勝はフェデラーvsジョコビッチになりましたね。

個人的には全仏でジョコビッチに負けているのでフェデラーに勝って欲しいなぁと思っています。
ではおやすみなさい。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/54-21957e7f

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。