ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは。田村です。

今日もレッスンの合間に一人でサーブの練習をしました。

先日のブログにも書いた様に無理矢理大振りせずゆったりスウィングすることを心掛け、打ってみたところかなり良い感じでボールを打つことが出来ました。

federer rennzoku

序盤は結果にこだわらずラケットが自然に出てくる様に心掛け、徐々にペースを上げていきました。

途中でサーブだけではなくフォアハンドストロークやバックハンドストローク、スライスなど、色々なショットを織り交ぜて練習するとなかなか調子が良かったです。

どのショットも共通するポイントがあるので、こうやったら上手くいくかな?と色々と試しながら取り組むと新たな発見などもあり楽しいと思います。

また、色々なショットを織り交ぜるというのにはひとつの事に固執しないで済むので心が柔軟になって良いと思います。

テニス以外で例えると物事を見るときに一方だけから見るのではなく、色々な角度から物事を見ることができると新たな発見に繋がるのではないでしょうか。

そして、練習していてふと頭に思い浮かんだ言葉が「流れに身を任せる。」という言葉です。

無理矢理ラケットを速く振ろうとせず、身体の動き、流れに任せてあげると自然と最後の最後でラケットが出て来てくれるものなんですね。

なかなかラケットが出てこないと焦って腕を動かそうとしてしまいますが、そのなかなかラケットが出て来ないその先には新しい感覚が待っているのだと思います。

練習しているとやはり力みが出始める時がやって来ます。そのような時は一度頭をリセットして他のショットでゆっくり試してみます。そうするとまたリラックスして打てるようになるのですね。

今日の練習ではなかなか面白い発見が多かったです。また、打っている中でまた新しい感覚が出てもきました。

それはまた後日ブログに書きたいと思います。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/40-d1654c49

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。