ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは。田村です。

今日の夜は練習をしたのですが、面白い感覚でテニスができました。

それはラケットを振ろうと思わなくても楽にボールが打てた感覚です。

ショートラリーの段階からグリップはそんなに握らないでゆったりスウィングすることだけ意識してやると頑張っている訳ではないのに簡単にボールが飛んでいきました。

楽にボールが打てる上にスピンもかかっているので打っていて安心できます。

ロングラリーになっても同じ感覚のままゆったりスウィングでき、頑張らなくてもタイミングはしっかり合っていましたので打っていて気持ちが良かったです。

ボレーやサーブでも同じで、頑張って打つというよりかは来たボールを待ち構えて打つという感覚で楽に打つことができました。

力強いボールを打つのに頑張ってスウィングする必要はないというのが改めてわかりました。

何故楽に打つことができたのか自分で分析してみたところ、ここ2、3日は自分の中ではあまり調子が良くなかったからではないかと思います。どちらかというと力んでいた感じが強かったです。

その証拠にレッスンの合間などにサーブの練習をしても力んでいるので思ったほど良いボールは飛んでいかないですし、強く打とうとしてより力んで打つという悪循環に陥り、肩や腕が痛くなってしまいました。

そんな調子だったのが功を奏したのか今日の練習ではリラックスして打てたのではないかと思います。

また、調子が良くない時を思い返してみると心の視野が狭くなっている時と重なると思います。

気持ちに余裕がないと「~しなければいけない」、「こうあるべきだ」、「~すれば上手くいくはず」、という断定的と言いますか、MUSTや義務的な感情に囚われてしまいます。

それで上手くハマれば良いのでしょうが僕の経験上では大抵はリズムが崩れていき、負の連鎖に巻き込まれていきます。

逆に調子が良い時というのは心の視野が広い時です。

こうすれば上手く打てるかもとはもちろん考えるのですが、「こうあるべきだ」という決め付けがないので心はかなり寛容な状態です。

この様な状態では多少のミスは気にしませんし、「上手くいかなくても良いや」という位の寛容さがあるので気持ちが楽ですよね。

気持ちが楽だと身体のリズムもよくなるので自ずとパフォーマンスも良くなるのだと思います。

これってテニス以外でも当てはまりますね。心に余裕があれば多少のことではイライラしませんが、心に余裕がないと些細なことにイライラしたり、何かに焦って心が疲れます。

今こうしてブログを書いている最中に調子が悪かった原因は技術的なことが原因というよりかは「こうあるべきだ」という思い込み、執着が原因だったのかなと思いました。

皆さんも調子が良くなったり悪くなったりした時に自分の心の状態がどうなっているのかというところに注目してみてください。

意外と技術的なことよりその時の心の状態に原因があるのかもしれませんね。

federer relax
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/39-49bf3f9f

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。