ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは。田村です。

昨日、Youtubeの動画を見ていた時に面白い動画を見つけましたので皆さんに紹介したいと思います。

我らがフェデラー師匠のフォアハンドストロークを背中側から撮ったスローモーションの動画です。

powered by 動画貼付けくん


結構お腹側から撮った動画は何本も見たことがあるのですが背中側が映っているのは初めて見ました。

この動画で見るポイントはフェデラーの背中(肩甲骨あたり)です。

テイクバックが完了する前はそんなに肩甲骨が入ってないように見えますが完了直後からしっかりと入っているのがわかります。

しかも、右肩だけでなく左肩もしっかり入っているのがわかります。

背中がしっかりと繋がった状態を作れているかが力強いボールを打つ秘訣なのだと改めて思いました。

そしてもう一つ驚くのが体幹から前に向いていき胴体が反対方向に向いてやっとラケットとボールがインパクトする点です。

一般人ほど腕が出てくるのが早く、胴体が向く前にインパクトを迎えてしまうため力が伝わらないところで打ってしまうのですね。

今日はこの動画をお手本に壁打ちで練習してきたのですが、背中を繋がるように真似して打ってみたら今までにないくらい簡単にスピンがかかってボールが飛んでいき自分でも驚きでした。

こんなに簡単にボールが飛ぶものなんだなぁと感動してしまいました。

両肩の肩甲骨が繋がることで背中を通して見えないラインで繋がります。そして、胴体から流れに任せることで自動的に腕が出るような感じでしょうか。

こういう感覚打てればテニスはとても簡単になりそうですね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/37-2a43be41

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。