ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは。田村です。

久々のブログ更新になりますね。

最近は以前よりもまたテニスが面白く感じています。

いままでわからなかったことや知らなかったことが分かるようになり、練習やレッスンをやる度に新たな発見があるのでとても楽しいです。

今回は、「肩甲骨を仲間に入れてボールを打つ」というテーマで書きたいと思います。

フォアハンドストロークで以前から肩甲骨を繋げてボールを打つと言われてはきたのですがイマイチ自分の中では理解できていませんでした。

最近やっと肩甲骨を仲間に入れる感覚が分かってきたと思います。

肩甲骨を背骨の方に寄せる動きをします。
肩甲骨が入った状態は肩甲骨が背骨の方にカチッとソケットにハマったイメージでしょうか。

feliciano back2


写真(フェリシアーノ・ロペス)はバックハンドの時のものですが、背骨の方に左右の肩甲骨が入っているのが分かると思います。フォアハンドでも同様の寄せ方です。

肩甲骨を入れる時の注意としては肩が上がらないようにするというのがポイントです。
前の記事にも書きましたが肩が上がってしまうと力みに繋がってしまい、余計な力が入ってしまいますので気を付けてください。

その肩甲骨を寄せた状態でボールを打つのですが今まではその状態で打とうとすると力んでしまい、途中で挫折してしまっていました。

多分上手く行かなかった原因としてはボールを十分に自分の打点に引き込めていなかったのが原因だと思います。

つまり肩甲骨が入っている状態で打つためのヒッティングゾーンが存在し、そのエリアにボールが来る前にもう打ち始めていたのです。

肩甲骨を入れて状態で今までにないくらいボールを引き込んでみたところ肩甲骨が入った状態のままインパクトすることができ、今までにない弾道でボールが飛んでいき驚いたのを覚えています。

ボールを十分に引き込めないで打ってしまうと折角肩甲骨が入った状態が作れているのに前で取り過ぎて肩甲骨が背骨の方から抜けた状態で打つことになり、力が上手く伝わらないで打っている感じになります。

そうなるとたまに良いボールも行くのでしょうが、結構ボールが荒れますし精神的にも安心して打つことができなくなります。

肩甲骨が入った状態でボールを引き込めるとボールの軌道も安定しますし、自然とトップスピンがかかるようになりますので打っていて安心できますし、実際ミスが激減します。

これはストロークに限らず他のショットでも肩甲骨を仲間に入れることができると素晴らしいショットが打てると思いますので試してみてくださいね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/36-676f51fb

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。