ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは、田村です。

梅雨明けして少し前まで猛暑でしたが台風が来た後から最近は少し涼しい日が続いていますね。

僕はめちゃくちゃ寒いよりも暑いくらいの方が好きなのですがやはり暑すぎは厳しいですね。

まあ、夏はこんなもんだと割り切ってテニスをやるしかないですね。でも無理は禁物です。

こまめに水分補給をしつつ紫外線のケアや体調管理をしながら楽しんでいきましょう。

さて、今日は「つながり続ける感覚」をテーマに書いていきたいと思います。

つながるという感覚ですが、最近自分が練習やレッスンをやっていて特に意識している「キーワード」のひとつです。

何につながるかというとボールに対してです。

ボールに対して自分がつながる感覚が質の良いボールを打つためには必要不可欠な感覚だと思います。

自分とボールがつながるなんて実際に目では見えませんのであくまでもこれは感覚でしかありませんがこの感覚でボールを打てると今までになかった感覚でボールを打つことができました。

具体的にはボールを打つのに余計な力はいらないということがわかりますし、自然とスピンがかかったボールを打つことができます。

自分とボールがつながるだけではどういうことなのかわかりくいと思いますのでもう少し詳しく説明すると、ボールを打つ際に丹田の辺りからボールに入っていく感じです。

丹田については以前のブログで何度か書いたことがあると思います。丹田はお臍の下あたりの下腹部にあり、古武術や武道などで良く使われる言葉です。

スウィングを始めるにあたって、大事なポイントは運動連鎖の流れを意識することです。

ラケットは手で持っているのでついついすぐ手を動かそうとしてしまいますがそれでは運動連鎖の流れを意識できていませんし、明らかに手打ちの状態になってしまいます。

運動連鎖の流れを意識してスウィングすると下半身から始まった動きは徐々に上半身に伝わっていきます。

腰からお腹、胸と伝わっていき、最後に腕という流れが上級者やプロの人が行っている動きなんですね。

ですから腕は出来るだけ最後の最後に動き出すことが好ましいです。

下半身から伝わった力をスウィングを通して伝える時に中継地点となるのが丹田です。

この丹田からボールに対して入っていくことができると力の流れを意識しやすいと思います。

ただ、丹田からつながるだけではまだ不十分です。

丹田とボールがつながった状態をできるだけ長く保つというのが大きなポイントになってきます。

つまり、丹田からボールに対してつながり続けることができるとボールに対して力を伝えることができるようになりますし、運動連鎖を意識したスムーズなスウィングができるようになると思います。

自分でも試してみると良い時は最後までボールとつながった状態が保てていると打つ時にとても安心して打つことができますし、飛んでいくボールもミスしなさそうな感じなのでとても安心できます。

逆に途中でつながりが途切れてしまった時は身体がクシャっとつぶれてしまいボールを打つ際に不安な感じのまま打っているのでビクビクしながらスウィングしていました。

実際そうなるとリラックスはしていますがネットやバックアウトが多く、不安定になりやすいです。

プロの選手でわかりやすいのがナダルですかね。彼の動画を見るとそのような感じで打っているのが確認しやすいです。

ナダルのスウィングを見ているとつながり続ける過程でインパクトがあり、インパクトの後もつながり続けている感じがしますね。

もちろんフェデラーもやってはいるのですが、彼はちょっと一見わかりづらいです。

そのかわりめちゃくちゃリラックスしているので本当に簡単にボールが飛んで行っていますね。

練習している動画よりも試合の時の動画の方がフェデラーはつながっている感がわかりやすいです。

Youtubeで検索すると結構見れますので興味のある人は確認してみてください。

実際にこれを試す時に気を付けたいことはいきなり強いボールや速いボールを打とうとしないことです。

いきなり速いボールを打とうとすると運動連鎖の流れは感じられず、腕力や余計な力を使ってスウィングしてしまいやすいのでまずはゆっくりスウィングすると良いと思います。

ゆっくり丹田からつながり続けると自然とラケットが振られる瞬間がわかりますし、その後のインパクトでボールがラケットのガットに食い付く感覚を味わうことができ、自然とスピンがかかったボールを打てるようになると思います。

まずはゆっくりとしたスウィングで試してみてください。

この感覚でボール打てるとさらにテニスが楽しくなってくると思いますよ。




プライベート・グループレッスンを募集しています。

[レッスンの対象者]
僕のブログの内容に共感していただける方で今よりももっと上達したい方が対象となります。

・一生懸命やっているのになかなか上達しない、

・もしくはボールに力が上手く伝わらない、

・テニスが終わると身体の節々が痛くなる

という方は身体の使い方や心の持ち様をほんの少し変えるだけで劇的に上達が早くなりますし、ケガも改善されると思います。

年齢や性別、レベルは問いませんのでどなたでも参加いただけます。

[時間]
現在、月曜日、水曜日、土曜日、日曜日が空いています。

[場所]
主に東京、横浜エリア
その他の場所はご相談ください。

[レッスンフィー]
1時間/6000円
1.5時間/9000円
2時間/1万2000円

※コート代は別途ご負担下さい。
※ボールはこちらでも用意できます。
※参加人数は1名~5名程度まででお願いいたします。
複数人でお受けになる時はレッスンフィーを頭数で割ってください。

(例)4人で2時間の場合:1人あたり3000円

[開催日時と回数]
週1回、2週間に1回、月に1回とご自由にお選びください。
基本的に継続して受講される方が対象になりますが、
初回のレッスンを受けていただいてからでも判断されて構いません。
レッスンを終了する時期は自由です。

[連絡先]
レッスンを受講希望される方、または興味がある方はご希望の日時、レッスンの場所、時間、受講される人数をご記入の上こちらまで。
PC e-mail: tamuson-r-federer@c06.itscom.net
携帯: 080-3000-7198
携帯e-mail: tamuson@i.softbank.jp
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/31-fbfdb1eb

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。