ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんわ田村です。

先日、テニスの練習をしていてひとつ発見がありました。

それはサービスの動きとストロークの動きは同じということ。

以前からサービスのスウィングとストロークのスウィングは同じということは聞いていましたし、知ってはいたのですがイマイチ自分の中で理解できていなかったみたいです。

事実、自分のストロークはあまりスピンがかからずどうやったらスピンがかかるのか長い間の課題になっていました。

発見のきっかけは最近レッスンでサーブを打つときに腕の動きを練習してからボールを打つようにしているのですが、その動きというのが顔の近くを肘が通過するようにスウィングするというもの。

決して腕の力で思いっきり振るのではなく、肘が顔の近くを通過した後は脱力して腕が振られる方向に向かって振り抜きます。

その動きを練習していてふとこれをストロークで試したらどうなるのかなぁ?という疑問が湧き、試してみました。

もともと縦の動きですがストロークの横の動きに応用して打ってみるとちゃんと打てるんですね。

しかもこのスウィングでボールを打つと自然と下から上のスウィングになる為ヘッドが遅れて出ることによりスピンがよく掛かるようになりました。

このスウィングを重心の移動と合わせて打てると今まで打てなかったようなボールが打てるようになり、面白くて雨がザーザー降ってるのも忘れて練習してしまいました。

久々に発見があり感動してしまいました。

昔聞いたことだけどその時はわからなくてもある時ふとした瞬間に「あの時言ってたことはこういうことだったのかぁ。」となることがあります。

それが1カ月先かも知れないし3年先かも知れないし、その瞬間がいつになるのかはわかりませんが、

わからなかったことがわかるようになる、これがあるからテニスは面白いのかもしれませんね。

まだまだ練習が必要ですが早く身に付けて皆さんにお伝えできたら良いなと思います。

今週も雨マークが多いですが発見があれば雨も気にならないくらいなので皆さんも何かひとつでも発見して感動を分かち合いましょう。
スポンサーサイト

確かに!テニスに限らず、気づいたり、理解するのに、時間が掛かることが多々ある。だから、それを見出したときの快感はたまらない!また、それが個性なのかもしれない。

2010.07.13 20:12 URL | けーすけ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/3-4c684637

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。