ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは、田村です。

最近はレッスンや自分の練習を通して色々なことを試したり確認したりしながらテニスをやっているのですが、その中でもスライスに関して、とても面白い感覚を感じることができました。

先日、柳原敏正さんが主催するスライス練習会に参加してきました。

プロのように糸を引くようなスライスを打つ為にはどうすれば良いのかというテーマを元に練習しました。

僕はスライスは結構得意なショットの一つだったので自信があったのですが、ボールが浅かったり、自分のタイミングで打てなくなるとネットやバックアウトが多くなってしまうことが多々あり、悩みの種でした。

そこで柳原さんに胴体ごとボールに沈み込むように入っていく感じで打つというアドバイスをいただいて練習してみると今まで少し不安定な弾道だったスライスが見事に糸を引くように滑るようにしてコートに入っていくではありませんか!

なかなかラリーなどで全ての状況で同じように打つのはまだ難しいですが上手く使いこなせるようになりたいと思います。

この時に感じた感覚というのがブログのタイトルにも書きましたように「打たずして打つ」という感覚なんですね。

スライスに限らず色んなショットにも言えることだと思いますが、ボールを打とう打とうと考え過ぎるとついつい腕を動かして打ってしまいがちになります。

腕を先に動かすのではなく、胴体からボールに入っていくという感覚が必要になってくるんですね。

そうすると胴体からボールに入っていき、最後の最後で腕の先のラケットにボールが乗るという感覚を味わうことができるのではないかと思います。

自分は腕を振り回すつもりはないのだけれども胴体から入っていくことにより結果腕は振られ、ボールは簡単に飛んでいく。これが打たずして打つということなんですね。

なかなか言葉だけでは説明することは難しいですが、もっと簡単にボールを打つ方法があってそれを自分でもそれができるとわかると、とてもワクワクしてしまってついつい家の中でもラケットを振り回してしまいますね。

振り回す時はくれぐれも家を破壊しないようにしましょう。

では楽しい1週間をお過ごしください。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tamusontennis.blog119.fc2.com/tb.php/18-3d76711d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。