ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
roger ready position


おはようございます。田村です。

テニスは相手とボールを打ち合うスポーツですが、相手が打ったボールに対して準備(テイクバック)が間に合うか間に合わないかで次自分が打つボールが思った通りに打てるかどうかが決まってくると思います。

今まで僕は準備を早くするにはどうすれば良いのかな?と日々悩み、試行錯誤してきたのですが、

先日あることに気付きました。

それは「準備を早くするには限界がある。」ということです。

準備を早くしようと力んで腕の力で準備をしてしまい腕でボールを打ってしまうと、元も子もなくなってしまいます。

準備する際に大事なのはラケットは腕の力で引くのではなく、体幹(胴体)から準備することが大事なのですね。

そうすることで腕に余計な力は入りにくくなりますので体幹からスムーズにスウィングし易くなります。

さて、前置きが長くなりましたが、どうしたら準備が早くなるのかということの本題にいきたいと思います。

先に書いたとおり「準備を早くするには限界がある。」のですね。

下手に準備を早くしようとすると変なところに力が入ったりしてなかなかうまくいきません。

一旦、準備を早くするというポイントから離れて、ボールを打った後の事に注目してみましょう。

ボールを打った後、今度は相手がボールを打ち返してきます。
この時自分の打ったボールが気になって次の構え(レディポジション)がおろそかになっていると次の準備はどんなに頑張っても遅れてしまうと思います。

ボールの行方は誰もが気になるのですが、気にしつつも打った後はすぐに構える(レディポジション)ことがとても大切です。

この、「ボールを打った後にすぐ構え直す」動作が次の準備を早くするためのポイントだと思います。

そのことに気付いてまず自分で試してみたのですが、とても楽に準備できるんですね。

ボールを打った後にすぐ構えることで次のボールに対して余計な力が抜けてスムーズに準備することができ結果的に準備が早くなりました。

テニスを14年やってきて今頃気付いたのか!と我ながらバカだなぁと思いつつ世紀の大発見をしたかのような感動をしている自分がいました。笑

準備を早くしようとテイクバックを気にするよりも、実はその前の構えがとても重要な事だとは何だかとても不思議な感じがしました。

ちなみにプロ選手が練習している動画を見てみたのですが、テイクバックのスピードは特段早くはないのですが、ボールを打った後の構えがとても早いです。

みなさんも試してみてくださいね。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。