ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
nakijingusuku


こんにちは、田村です。

今日は午前中、久しぶりに壁打ちに行ってきました。

久しぶりに壁に向かってボールを打っていて気付いたのですが、
壁打ちをする時に注意した方が良いポイントがあります。

まず、壁に向かってボールを打つと直ぐにボールが返ってきますよね。
人間同士のラリーよりも返ってくるタイミングがかなり早いです。

返ってくるタイミングが早いので次打つボールを腕力で強引に打ってしまうことがとても多いです。

そこでまず大事なポイントはやはり「構えを早くする。」です。

何日か前のブログにも書きましたが、準備を早くするにはテイクバックを早くするよりは打った後の構えを素早くすることの方が次の準備がリラックス且つスムーズにできるので次のボールがとても楽に打てます。

そしてもうひとつのポイントは何かというと、「打ち急がない。」です。

先に言いましたが、返ってくるタイミングが早いのでツイツイ早く打ちたくなってしまいがちですが、それは腕力に頼って打つことにつながりやすいです。

大切なのはどんなにボールが早く返ってきてるからといってうち急ぐのではなく、本来の自分の重心を感じている場所でボールを打つことがポイントです。

僕の経験からいくとだいたい焦って打っている時は自分の重心を感じていないので前のめりになって腕でラケットを振ろうとしています。

当然、腕は疲れてしまい、重た〜い感じになります。

それが壁打ちではより顕著に出るのですね。

そして最後のポイントですが、いきなり強く打とうとせず、まずはユックリした動作で行った方が自分の重心を感じるところでスウィングしやすいかなと思います。

そこから徐々にペースアップしていければ腕に負担はかからないと思います。

壁打ちって意外に奥が深いなぁと帰り道車を運転していて思ってしまいました。

壁打ちで一丁前にラリーができれば多分メチャクチャ上手くなっているのではないかなと思います。

何て言ったって壁は最強の敵であり、練習パートナーでもあるのですから。

みなさんも機会があったら壁打ちやってみてください。

※写真は壁打ちとは関係ありません。が、壁つながりで沖縄の今帰仁城跡の城壁の写真です。海が綺麗です!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。