ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
leconte2


こんばんは、田村です。

最近テニスをやっていて感じるのは練習相手に対して余計な気を使っていることに気が付きました。

例えば、相手に対して打ちやすくボールを返そうとしたり、もしくは周囲の視線を感じて上手く打ち返そうとしたり、ですかね。

それで上手く返せれば全く問題はないのですが、多くの人は相手や周囲の視線に気を使いすぎて自分の本来のスウィングができなくなってしまっています。

相手に気を使うあまり腕で加減をして逆に自分が失敗してしまうというのは結構あるのではないでしょうか。

自分はテニスコーチという仕事柄、生徒とラリーをすることが多いのですが打ちやすいボールを返そうとか上手く打たなくてはいけないと気を使った瞬間に腕先を動かそうとしてしまいよく失敗します。苦笑

そこで最近は相手に対して上手く打とうとかあえて思わないでボールを打つようにしています。

そうするとどうでしょう!簡単にボールが返るではありませんか。
不思議なことに上手く打とうとして上手く打てなかったのに、上手く打とうと思わないことで上手く打てるという何とも皮肉な結果ですが、これにはちゃんと理由があると思います。

上手く打とうと頭で考えると頭で動こうとして身体がスムーズに動かなくなるんですね。頭で考えるから腕の振り方などを気にしてしまい腕だけでボールに合わせようしてしまいます。いわゆる手打ちというやつですね。

逆に相手に対して上手く打とうと思わないで打った時は相手に対しての余計な気使いがなくなって自分の動きに対して集中できるんですね。そうすると自分本来のスウィングができ、ボールが簡単に打てるわけです。

これを生徒にも試してみた結果、お互いが変な気使いがなくなって自分が思っている以上に良い感じでラリーしていて驚きましたし、見ていてとても面白かったです。

相手に打ちやすく返そうとか上手く打たなくてはいけないと思うだけで何だかとても窮屈で不自由な感じがしますが、反対に上手く打とうと思わない、ミスしてもいいやと思えると、とても自由で伸び伸びとした感じがします。

これって人間関係でも同じですよね。変に気を使って付き合う友人よりも気兼ねしないで付き合える友人といた方がとても居心地がいいのと。

相手や周囲に変な気を使って自分を窮屈な場所や型に当てはめずに、自由で伸び伸びと自分らしく動けるとテニスは今よりもっと楽しくなると思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。