ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは、田村です。

先日1人で練習していた時にふとスライスを打ってみたのですが、最初はあまり上手くいかず、いろいろ試していました。

federer slice


いろいろ試している中で最近スピン系のボールを打つのが上達しているので試しにスライスでもスピンを打つのと同じように身体を前に向けながら打ってみたところ、とても良いボールが飛んでいくではありませんか!

何だかとても面白くなって夢中になってスライスを打ってみたところクロス方向にもストレート方向にも糸を引いたかのような目の覚める逆回転のボールが飛んでいってくれました。

どうやら今まで自分は勘違いをしていたようです。

何かスライス系のショットは身体が開いてはいけないという思い込みがありました。

そのせいか身体が前に開かないようにして打っていたので腕だけが動いてしまい不安定になっていたのだと思います。

確かにスピンを打つ時よりかは身体は前には向きませんが少なからずスピンを打つ時と同じ身体の使い方でスライスは打てます。

スライスも身体が開いて良いんだとわかった時は正に目から鱗が落ちるような感覚でとても面白かったです。

結構このように自分の思い込みによって上達が阻害されているケースって多いのかなと思います。

当たり前とされてきた常識や知識を一度見直してみると意外な発見があるのかもしれませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。