ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは。田村です。

ウィンブルドンもいよいよ大詰めで現在男子の決勝フェデラーvsマレーの模様が放送されていますね。

federer fore

僕はフェデラーのファンなのでフェデラーに優勝してもらいたいなと思っているのですが、マレーも素晴らしいプレーをしているので観ていてドキドキしてしまいます。

試合を観ていてふと思ったのが、試合を観ている自分のメンタルがとても興味深いと思いました。

先にも書きましたが僕はフェデラーのファンですからフェデラーが負けるのは正直嫌な感じがします。

また、テレビを見ていると実況の声や解説者の声など、外部からの情報が否応なしに流れてきます。

ポジティブな情報もあればネガティブな情報がテレビのスピーカーからは念仏の様に聞こえてきます。

いっそのこと音声切り換えで解説無しで観れれば自分の主観で観戦できるので多少は違うのですが、残念ながらWOWOWは音声切り換えに対応していないのでその方法は使えませんが。

自分が試合を観戦しているとフェデラーが劣勢になった時や、外部からの声に過剰に反応してしまっている自分に気付きました。

過剰に反応してしまっている時の自分の心の中はイライラしたり、不安な気持ちでいっぱいです。

不安な気持ちになった時は心に余裕がないですから些細なことに反応してしまいイライラするのだと思います。

心に余裕が無いと他人のせいにしてしまう自分がいます。

この場合はテレビの解説の音であったり、対戦相手のマレーだったり。

そんな自分の心の状態に気付くことができると、ではどうすればイライラしないで済むのかと考えるようになり、少しずつ冷静になってきました。

そこで思い付いたのがまずは勝敗を関係無しに観戦するということです。

確かに試合には勝ち負けがありますからできれば勝って欲しいとは思います。

しかし、勝ち負けにこだわり過ぎると冷静に見ることができませんし、観ていても楽しくなくなっている自分に気付きました。

結果としてフェデラーが負けたとしても決してフェデラーがダメになった訳ではありませんし、偉大なテニス選手であることに変わりはありません。

そしてもうひとつ思い付いたのが外部からの情報を受け入れてみる。ということです。
外部からの情報をシャットアウトするというのも方法としてはあるかも知れませんが、そうなると周りが見えなくなる恐れがあります。

実況や解説で例えると一見解説者の言っていることは絶対正しいという感じがします(有名なコーチや選手という肩書きがあるから。)が、それは解説者が主観的にただ言っているだけでそれが決して正しい訳ではありません。

他人が言っていることが全てではなく、自分が思っていることも全てではありません。

ですから、他人の意見は意見として認めてあげて自分はこう思っている位に留めておければ心も軽くなるのではないかなと思いました。

過去のブログにも書きましたが「~しなければいけない」「~であるべき」「絶対に勝たなければいけない」「負けてはいけない」など、心に「must」が入るととても窮屈に感じますし、心に余裕が無くなってしまうのですね。

こうしてブログを書いている最中も試合はフェデラーが優勢になってきました。

今のところはセットカウント2-1でフェデラーがリードしています。

広い心を持って試合の模様を楽しんで観たいと思います。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。