ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは。田村です。

今週は自分のテニスの調子の波が激しい1週間でした。

ここ最近は調子が良かったのが続いていたのですが、今週に入ってから調子が悪い状態が続いていました。

レッスンで生徒のボールを返球したり、自分の練習でもボールを打つ際に上手くタイミングが取れなかったり、腕を早く動かそうとしてしまい、ミスが多く、何だか残念な感じでした。

そんな調子が続いていたある日のレッスンで、ラリーをボレーで返球をしていた時に、ふと思い付きました。

それは「マジメに打ち返そうとしていないか?」という自分の心の中の言葉でした。

federer trick

どういうことかというと、「スプリットステップをしなければいけない」「足を踏み込まなければいけない」とか「相手には上手く返さなければならない」とか「こうしないと上手く打てないし、カッコ悪い」といった思い込みが知らず知らずのうちに心の視界を狭くしてしまい、動きが悪くなっていたのです。

そこで、僕が取った解決策は「要らない思い込みは捨ててしまおう」そして「少し適当にやろう」という方法でした。

その方法を思い付く前までは調子が悪かったのですが、その後は嘘のように調子が良くなり、ボールとのタイミングの取り方も入り方もとても良くなりました。

具体的にどうなったかというとまず、無理をしてステップをしない、足を踏み込まないという点が良かったのかなと思います。

こんなこと書いたら一見不真面目な態度で生徒に返球していて「やる気があるのか?」、「ケシカラン!」とマジメな方々は思われるかも知れませんが、実際、そうした方が上手く返球できていますし気持ち良く打てています。

マジメに打とうとしている時はどうしても決まりきった動きをしようとしてしまい、上手くボールに入ることができません。

一方、要らない思い込みが無くなって心が軽くなると軸足にボールをギリギリまで引き込むことが出来ます。また、心に余裕(遊び)があるので色々なことが出来る気がします。

打っていてホントに楽しくなりましたね。

心にモヤがかかって視界が悪かったのが一気に晴れ渡った感じです。

okinawa hare

フェデラーの練習動画を見ていると楽しんで遊んでいるかの様な印象を受けます。練習中にいろんなショットを試したり、トリックショットを打ったり。

もちろんマジメにやることが決して悪いわけではありません。以前のブログにも書きましたがマジメにやり過ぎている場合は遊び感覚で取り組めると、自然と結果も付いてくるのだと思います。

ゴールデンウィークが始まりましたね。皆さん休日を楽しみましょう♪
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。