ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは。田村です。

最近、練習をしていて新しく感じたことがあります。

それは、ボールを打つ際に「胴体とボールをリンクさせる」感覚です。

federer stroke

普段はボールを打つ際に胴体が前に回転してからラケットが遅れて出てくることを意識しています。

上手く出来たときは楽にスウィングできますし、ボールも簡単に飛んでくれてとても楽しいです。

が、少なからず腕の存在を意識しながら動作しているのでまだ完璧ではありません。

そしてタイトルに書いた通り「胴体とボールをリンクさせる」感覚でボールを打つことができると何が良いかというと、腕をどうしようとか余計なことを考えなくてもボールを打つことができることです。

ボールに対して胴体が繋がっているとボールを打つ手続きがシンプルになってただ胴体を合わせるだけでボールを打つことができます。

まるで腕の存在が無いような感じでボールを打てます。

ですからよりボールを自分の懐に引き込めることができるのでより強くボールを打つことができます。

ただ、この感覚はまだ調子が良い時だけしかできないのですが。汗

調子が悪いと如何に腕を動かしてボールを打とうかというところに着目してしまうのですが、それでは質の良いボールは安定して打てないと思います。

ボールに対して胴体を繋げることができれば腕は自然と付いて来てくれますので腕を振ろうとか考える必要は無いのですね。

その為には体幹を動かす感覚を鍛えることが必要ではないかと思います。

レッスンでも生徒さんの動きを観察していると自然にスウィングできている時は胴体から動き始めて遅れて腕が付いて来る動きです。

逆にミスをしている時は必ずと言って良いほど胴体よりも先に腕が出て来てしまうとネットにかけたりコントロールが乱れだします。

個人的に思ったのですがある意味、この胴体とボールをリンクさせるというのは究極な感じがします。

シンプルですし、もし出来るようになったら腕の振り方云々なんて考える必要が無くなるわけですから自分の中ではまるで仙人にでもなったかのような妄想をしています。笑

まだまだこの感覚で打てることが少ないですが、胴体をボールに繋げて打てるように修行していきたいと思います。

↓ネットで仙人の写真を探したらこんなのが見つかりました。笑
sennin
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。