ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは。田村です。

先日、レッスンの合間にサービスの練習をしました。

最近はボールを打つ前にある身体ワークを行ってからボールを打つようにしています。

federer serve


それは、腕を使わないで胴体から動きが始まる動きなのですが、
そのワークを行ってからボールを打つととても楽にボールを打つことができます。

これはサーブでもストロークでも同じで胴体からの動きに任せてあげると楽に打てますし、スピンも自然とかかるのでとても心地良いです。

ワークをやった直後は身体が動きを憶えているのでとてもスムーズに動けるのですが、段々動きが強引になったりわからなくなってしまいます。

そうなったらまたワークを行って動きを確認します。

ワークを行う、実際に打つ、ワークを行う、実際に打つ、の繰り返しで練習していくと徐々に身体に染み込みこんできます。

またそれを繰り返していくと新しい感覚が芽生えてきたりします。

こういう作業をしていると一見地味な作業ですが自分にとってはとても面白い作業です。

そこから突然わからなかったことがわかった時の感動は何物にもかえられないものがあります。

今回、そのワークをしていて思い出したのは以前に武道の先生に身体の動きについて習っていた時期があり、その時に教えてもらったことがもしかしたらこのことだったのかなと思い出しました。

そのワークショップに参加した時は先生の言っていることがほとんど理解できておらず、先生にお叱りを受けたりとあまり良い思い出はなかったのですが、

その時に習ったワークと今回のワークはとても共通しているポイントがあると思いました。

そして先程、その模様の動画を見直してみましたが、今なら先生の言っていることがとても良くわかります。(わかるような気がする?汗)

その動画には昔の自分も映っていてとても恥ずかしかったです。

当時は良くわからなかったことが時間が経つとわかるようになってくるので、
あの時のことは決して無駄ではなかった訳です。

こういう昔の事が今になってリンクする時の感覚もとても面白いなあと思います。

ですから今、わからなくても落ち込む必要はありません。
時が経つと突然わかるようになるので気長に取り組んでいきましょう。

P・S 読んでいただきありがとうございます。良かったら下の拍手ボタンなどをポチッと押していただけたら嬉しいです。

フェイスブックやっています。http://www.facebook.com/tamusontennisをクリックしてもらうと見れます。よろしくどーぞ!
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。