ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは。田村です。

今日もレッスンの合間にサーブ練習をすることができました。

以前よりもリラックスして打てるようになってきたので、今日は如何に腕の力を関与させないでボールを打てるか意識して練習してみました。

トスの位置や自分の重心の位置、姿勢などを気を付けながらやってみましたが結果はなかなか上々でした。上手くいかない時もありましたがこうするとこういうボールが飛んでいくという結果にこだわらないで取り組めたのが良かったのだと思います。

最近はサーブ練習をやる時間が少なかったのですがここ何日かはサーブの練習をする機会が多く、新しい気付きや発見もありやっていてワクワクしています。

federer toss

今日はトスアップについて書きたいと思います。

ここ何日かのサーブ練習で意識することがあり、それは「胴体から連動させてトスを上げる。」ということを念頭に置いて練習しています。

一般人の多くはトスを上げる時にどうしても腕だけで上げようとしてトスが乱れてしまう人が多いと思います。
また、上手くトスが上がったとしても腕だけが単独で動いているので運動連鎖の流れが作りにくいので十分な威力が伝わらないでスウィングしてしまいます。

逆に上手な人やプロの選手はどうやってトスを上げているかというとタイトルにも書いた通り腕と胴体が連動してトスが上がる動きをしています。

もう少しわかりやすく言うと腕と胴体が繋がった状態を作ってあげることによってサーブの一連の動作をしているわけです。

繋がった状態というのは眼では見えませんが順序良く動く為の道筋みたいなものです。

腕だけで上げようとせず、胴体からの動きに連動して腕が上がるようにしてあげると楽にトスを上げることが出来ると思います。

そのようにしてトスを上げることが出来ると動きに統一感が出るので力がスムーズに伝わりやすくなると思います。

スムーズに伝わる=ロスのないスウィングになるので楽に威力のあるサーブが打てるということです。

トスアップに悩んでいる方は胴体と腕を連動させてトスアップをしてみてください。色々なやり方があると思うので遊び感覚で試してみると面白いと思いますよ。

P・S これから小学校、中学校の友人と花見(という名の飲み会)があるので楽しみでワクワクしています。

それからFacebook始めました。

http://facebook.com/tamusontennisにアクセスすると僕のページに飛べますので興味のある方は見てみてください。たまにテニスのことも載せてます。

また、記事を読んで面白いと思ったら是非「いいね!」ボタンや「拍手」ボタンをポチッと押してもらえると記事を書く更なる原動力になりますのでたくさん押してくださいね。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。