ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは、田村です。

来週からジャパンオープンが始まりますね。

昨年に引き続きナダルが日本にやって来てくれるみたいで今週の日曜日はナダルの公開練習を観に行こうかと思っています。

フェデラーの練習も観ていて衝撃を受けましたが昨年のナダルの練習も違う衝撃を受けました。

まず、スウィングスピードがとても速いということ。そしてそのスウィングスピードでボールを打った時の音が凄まじい音でした。

当然飛んでいったボールもエライ速く、スピンがしっかりとかかって重たそうな打球です。

その前の時間にロディックやデルポトロの練習を観て凄いなあと感じていたのですがナダルはさらに凄かったです。

どうやったらあんなに速さでブレずに振れるのだろうかと観ていて不思議でした。

一度生でトップ選手の練習風景を観るとまた新しい世界が開けると思います。まだ観たことがない人は一度観てみてください。

さて、ここからが本題です。

今回は「調子が良い時の感覚」というテーマで書きたいと思います。

皆さんはテニスの調子が良い時のバロメーターってありますか?

簡単に言うと身体の動きが軽い、重い、キレがある、ない等様々な表現があると思います。

僕はというと調子が良い時は「身体が跳ねる感じ」があると基本的に調子が良いです。

どういうことなのかというと、ボールを打った後に軽く身体が跳ねる様な動きがあるととても良いです。

まるでゴムのボールやスーパーボールが地面に着地して跳ねる感じですかね。

この感覚を僕が最初に体感したのはサーブで、打って着地をした後に軽く身体が跳ね上がる動きがあるととてもリラックスしていて打っていて気持ちが良いです。

まさに自分がスーパーボールになった感覚でとても躍動感があります。

逆に調子が悪い時というのは身体が跳ねないでグシャっと潰れてしまう感じです。
この状態の時は躍動感は感じられず、打っていてかなりシンドイです。

実際その様な状態が続くと変に力んでいてボールが自分の打点に来る前に腕が動いてしまってタイミングは合わず、すぐ疲れてしまいますし、腕や太ももの前側の筋肉が痛くなったりしてボールを打つことが苦痛になってしまいます。

ではどうして良い動きの時は跳ねるような感覚なのかと自分なりに考えてみたのですが、先のボールの話と同じでボールがしっかり地面に着地するとその反作用で跳ね返って弾みます。

ましてやスーパーボールは全部ゴムでできていて中身がしっかり詰まっていますよね。

中身が詰まっていると地面からのエネルギーを短時間に無駄なく伝えることができますからより高く跳ねるのだと思います。

これをテニスに置き換えると地面からもらったエネルギーを短時間で無駄なく伝えることができると人間の身体も同じく跳ねる様な動きになるのではないでしょうか。

その為の方法としてできるだけ無駄な力を抜くことと地面から得たエネルギーを順序良く伝える動きをすることが重要なのだと思います。

フェデラーやナダルなどのトップ選手がいとも簡単に凄いボールを打つ理由としてそれらの能力が突出しているからだと思います。

皆さんも調子が良い時の感覚は人それぞれ違うと思いますがどういう時が良い時なのか探してみると面白いかもしれませんね。




プライベート・グループレッスンを募集しています。

[レッスンの対象者]
僕のブログの内容に共感していただける方で今よりももっと上達したい方が対象となります。

・一生懸命やっているのになかなか上達しない、

・ボールに力が上手く伝わらない、

・テニスが終わると身体の節々が痛くなる

という方は身体の使い方や心の持ち様をほんの少し変えるだけで劇的に上達が早くなりますし、ケガも改善されると思います。

年齢や性別、レベルは問いませんのでどなたでも参加いただけます。

[時間]
現在、月曜日、水曜日、土曜日、日曜日が空いています。

[場所]
主に東京、横浜エリア
その他の場所はご相談ください。

[レッスンフィー]
1時間/6000円
1.5時間/9000円
2時間/1万2000円

※コート代は別途ご負担下さい。
※ボールはこちらでも用意できます。
※参加人数は1名~5名程度まででお願いいたします。
複数人でお受けになる時はレッスンフィーを頭数で割ってください。

(例)4人で2時間の場合:1人あたり3000円

[開催日時と回数]
週1回、2週間に1回、月に1回とご自由にお選びください。
基本的に継続して受講される方が対象になりますが、
初回のレッスンを受けていただいてからでも判断されて構いません。
レッスンを終了する時期は自由です。

[連絡先]
レッスンを受講希望される方、または興味がある方はご希望の日時、レッスンの場所、時間、受講される人数をご記入の上こちらまで。
PC e-mail: tamuson-r-federer@c06.itscom.net
携帯: 080-3000-7198
携帯e-mail: tamuson@i.softbank.jp
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。