ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちわ。田村です。

今日はあいにくの雨でテニスもできなかったのでブログを書こうと思います。

ブログのタイトルにもある通り、リラックスした状態でボールを打つことができると手足がとても長く見えるんです。

いつも僕がテニスする時に気を付けていることは「できるだけ腕の力を使わずにボールを打つ」ということをベースにしているのですが、腕力に頼らないでボールを打つことができるととても快適にそして力強いボールを簡単に打つことができるんですね。

その為には腕の脱力がとても大切なポイントなのですが、ただ脱力しただけだと良いボールは飛んで行かないのです。

腕は確かに脱力するのですが脱力しただけでは出力することができないので別の部分から出力することが必要になってきます。

それがどこからかというとやはり胴体(体幹)からの出力が必要になってくると思います。

胴体は人間の身体の中では大きなパーツです。
出力の仕方も幾つもあり胴体全体をスムーズに連動することができればそれだけ大きな力が生みだされます。

その生み出された力が最後は腕を通ってラケットに伝わる訳です。

その為に腕は力むよりも脱力することが大切なんですね。

腕が力むと力が伝わる前に勝手に動きだしてしまい胴体から生み出された力が十分に伝わらないままボールを打ってしまうのです。

最近、僕がテニスをやっていて取り組んでいることの一つとして肩甲骨からスウィングするというのをやっています。言葉で説明するのが難しいのですが、腕が肩甲骨のあたりから繋がっているイメージを持ってボールを打ちます。

出来るだけ腕の先は関与させないでスウィングの始まりは肩甲骨からという感じですかね。

その状態でスウィングしてボールを打つと楽にボールを打つことができます。
この方法でボールを打てるとわかってから「こんなに楽にボールが打てるんだ」という感動でテニスが楽しくて楽しくてしかたありません。

他にも出力するパーツがいくつもあるのですが、出来るだけ腕が関与しないでボールを打つことができると冒頭でも書きましたが、手足が長く見えるんですね。

手足が長く見えるととてもスムーズですし、ゆったり打っているように見えます。
逆に力が入ってしまっている時は腕でどうにかしようとしてしまっているためいつもよりも短く見えてしまいます。

これは僕等のような一般人でもできることなのでよかったら試してみてくださいね。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。