ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんは、田村です。

全豪オープンも終わり、我らがフェデラーは準決勝でジョコビッチに敗れてしまいましたね。
そのジョコビッチは決勝でマレーを破っての優勝でした。

フェデラー自身も調子が悪い訳ではなく、要所要所でジョコビッチが良いプレーをしたのとフェデラーがミスしてしまったのがポイントだと思います。

事実フェデラーは年始のカタールオープンでダビデンコに勝って優勝していますし。

しかし、フェデラーのテニスは以前にも増して神がかってきていますね。

ホントに無駄な動きが無くなってきていますし、軽く打っているのにあり得ない速さの打球が飛んでいるのには驚きです。

フェデラーのテニスを見ていて以前から思っていたことがあり、最強のプレーヤーとはどんな人なのか?と考えていてフェデラーのような動きができるとハッキリ言って最強なのかなと思います。

テニスに限らず武道や他のスポーツでも同じですが一般的に強い人ってどんな人なのかイメージするとまず、筋肉隆々で顔はイカツク強面でといった感じの方がいかにも強そうですよね。

僕がイメージする強い人というのは一見体の線は細く、この人本当に強いのかな?という位の人の方が面白いと思うんですね。見た目はしょぼいけどいざ戦ってみたら指一本で相手を吹き飛ばしてしまったみたいな感じです。

つまり仙人みたいな人が僕がイメージする最強の人です。

テニスでも同じことが言えると思います。

無駄な動きがなく、軽く打ってるように見えてモノ凄い打球が飛んでいく、さっきまでベースラインにいたのに動いている気配がしないから気付いたらネットに出て決められていたみたいな感じですかね。

それが出来ているのがフェデラーなのかもしれません。

フェデラーvsジョコビッチの試合を見ていてやはりフェデラーの方が動きはスムーズですし、無駄がなく省エネな感じがしますね。もちろんジョコビッチも滅茶苦茶上手いんですけども。

仙人みたいなテニスができたらとても面白いだろうし、楽だなぁと思います。何よりケガに悩まされることもなくなりますし。

そんなことを日夜妄想しながらテニスの事を考えている訳ですが、これからも僕等のレベルでもどのようにしたら仙人のようなテニスができるのか考えていきたいと思います。

ではおやすみなさい。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。