ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんわ。田村です。

今日レッスンをやっていて改めて気付いた点と言いますか、以前から感覚としてあったのですがなかなか言葉では表現しにくい感覚について書きたいと思います。

サービスの練習をしている時に感じたのですが、調子が良い時の感覚としてトスアップした直後からスウィングに入る時に上半身と下半身が分離して下半身が置き去りになる感覚です。

ちょっと、何を言っているのかわからない感じになってしまいましたが、サービスはボールを打つ前から身体が前傾してしまうとだいたい上手くいきません。

これはストロークもボレーもサービスも同じなんですね。
ボールを打つ前から重心が前に乗り過ぎると身体が前傾してしまい早くスウィングしたくなってしまうんですね。

それを抑える為に後ろの足(右利きの場合は右足)に体重を長く乗せます。

そこからスウィングに入る直前まで前に倒れないように保ち、地面から伝わった力が足元から下半身の腰あたりを通り胸を通過して肩から腕の先に伝わり最後の最後でやっとラケットに伝わっていき、インパクトになります。

例えるなら蛇のおもちゃが尻尾から頭の先に向かって関節がグニャグニャ動くイメージとでも言いましょうか。
人間の足先から胴体を見えない力がグニャグニャ通ってうねっている感じです。

この様な状態でボールを打てた時最高のボールが飛んでいきます。

フェデラーのサービスを動画や連続写真で見てみるとその様な動きをしている気がしますね。

この時の感覚を体感できたときは最初に書いた腰あたりの下半身がそのまま後ろに残ったような感覚になります。

逆に上手く打てなかった時はうねりが無い為か胴体が一つの塊ごと入ってしまうのであまり良いサービスは打てません。それなりに飛ぶのですがいま一つ物足りない感じです。

自分の中でこの感覚は生徒さんに少し加減してサービスを打った時に感じやすいですね。
リラックスしてボールを打った時は下半身から上半身へと力が連動して伝わりやすく、動く感覚が味わいやすいのだと思います。

もちろん100%の力で打っても感じることは出来ると思いますが、最初から100%の力で打とうとすると無理に力を伝えようと頑張ってしまい腕の力を使って打ってしまうことになりかねません。

だいたい自分の限界の50%~60%ぐらいで十分体感できると思います。
その後に段々とギアを上げていければ良いのではないでしょうか。

なかなかマニアックで伝わりにくい内容でしたが少しでもイメージできましたか?
上手く伝わってないようでしたらすみません。文章表現がいまいち連動できていませんので修行が必要かも知れませんね。((+_+))

この感覚は僕の感じたイメージであって人によってはもっと違う感覚かもしれませんので悪しからず。(_ _)

それではおやすみなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。