ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんわ。田村です。

遅ればせながらATP WORLD TOUR FINALSの決勝戦見ました。

フェデラーvsナダルというグランドスラマー同士の対決という夢の好カードでした。

結果はフェデラーが6-3 3-6 6-1で勝ったのですが先日見たマレー戦同様フェデラーの動きが神がかっていましたね。

ナダルの調子も決して悪くはないのですが、フェデラーが打つとナダルが全く動けず、ボールに追い付けない場面が多々あり、フェデラーの間合いの使い方やスピンとスライスの使い分けが絶妙に上手いのでしょうか。兎に角スゴイの一言でした。

また、フェデラーは以前よりもバックハンドが攻撃的になりましたね。序盤ではバックハンドでのウィナーが何本もあり驚愕してしまいました。

片手バックハンドで攻撃的に打つフェデラーのさらなる進化に驚くとともに嬉しい気持ちになりました。

フェデラーファンとしてこれほど嬉しいことはありませんね。フェデラーのテニスは見ている人をワクワクさせる力があります。

何かこう激しさはないのですがとても暖かく、見ていて幸せな感じと言いますか、心が穏やかになりますね。
フェデラーのテニスをタイムリーで見ることができて自分はなんて幸せなのでしょうかとつくづく思います。

さて、プロの選手のスウィングってとても速いですよね。速すぎて見えない位です。我々一般人がプロの速いスウィングを見てそのまま真似をしようとするとたいてい上手くボールが打てません。

何故上手くいかないのかというとスウィングスピードを速くしようと力んで腕の力に頼ってスウィングをしてしまったり、運動連鎖の流れを無視したスウィングをしてしまうからだと思います。

初心者や子どものレッスンをやっていて強いボールをうとうとしたりより遠くにボールを打とうと必要以上に速く振ろうとしたり、運動連鎖の流れから外れた動きをやってしまうことが上手く打てない原因なんだと最近やっと気付きました。

そこで「あえて時間をかけてゆっくりスウィング」することをまずは自分で試してみました。だいたい2秒以上かけて肩から腕の先を脱力しながらスウィングする感じです。

すると意外や意外、簡単にボールが飛んで行くんですね。しかもゆっくりしたスウィングのお陰で運動連鎖の流れを意識しやすいです。

慣れてくるとラケットが最後の最後で自然に加速されてボールにヒットしてくれます。しかも自然と回転がかかりますしバックアウトしなくなりました。

運動連鎖の流れに従って打つということが体感できると思います。

実際にレッスンでも試してみると始めはぎこちなく打っていた生徒さんも段々身体の動きにフィットしてきてキレイな弾道を描いてコートの中に納まるようになっていきました。

慣れないうちは速いボールとは言えませんが慣れてきて重心がしっかり乗って打てるようになると球速も上がり、相手コートに着地してもボールが伸びていくのがわかり驚きでした。

いままでは速く振ることにこだわり過ぎていたんですね。速くスウィングすることにこだわり過ぎて運動連鎖の流れから腕の動きが外れてしまってラケットが先行してしまい手打ちの状態になっていたのだと思います。

自分の中では時間をかけてスウィングしているつもりでも他人が見ると速く振っているように見えるのかもしれませんね。

以前も書きましたが外見で起こっていることと内面で起こっていることは必ずしも一致しないのだと思います。

また新たな発見があり、テニスがまた楽しくなってきました。

では皆さんも楽しい1週間をお過ごしください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。