ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんわ、田村です。

先日とあるスクールでイベントがあり、そのイベント後に打ち上げを兼ねてスタッフ全員でバーベキューしながらお酒を飲み、かつテニスをやるという非常に楽しい時間がありました。

イベントで残ったかき氷、鉄板で焼きそばやフランクフルトを焼きながらテニスをやりたい人はやるという自由な時間はなかなか普段は味わうことができないものなのでとても楽しいひと時を過ごせたと思います。

お酒を飲みながらテニスって最初はどうなの?って思っていたのですが、いざやってみるとメチャクチャ面白かったです。何が面白いかというと、意外と良いボールが打てている自分に驚きました。

ホロ酔いだからかカラダの余計な力みが抜け、運動連鎖の動きが意識しやすかったです。

しばらく練習してから試合をしたのですが、試合でもなかなか良い動きができていました。

いつもなら失敗やミスをすると気持ちが落ち込んでしまう自分がいるのですが、楽しい気持ちで取り組んでいるとミスをしても気楽に受け流すことができました。また、変に恐れがなくなり、リラックスしてフルスウィングできましたし、ボレーでも柔らかくタッチの効いたボールが打て、打った自分が驚きの連続でした。

ちなみに飲んだ量は缶ビール2本位ですかね。
良いプレーもあるのですが息切れが激しかったです。

お酒を飲んでのスポーツは健康上あんまりオススメできませんがたまには良いかも知れませんね。
ただ飲み過ぎには注意です。

何でお酒を飲んだ時は良いプレーができたのか考えてみると、

お酒を飲んだ時って気分が良くなりますよね。(人によって違うかもしれませんが。汗)

楽しい時はその時取り組んでいることだけに夢中になると思います。
夢中になっている時は余計なこと(心配事や悩み、恐れなど)を考えずに済みます。

ボールを打つ時も躊躇なくスウィングできるとチャンスボールでもミスなく打つことができ、例えミスをしても悲観せず次に進むことができるのではないでしょうか。

つまり、テニスをやるときはまずは楽しむということが良いプレーをやる時にとても大事なポイントだと思います。楽しい気分でテニスができると自然と動きが良くなり、プレーの質も上がると思います。

しかし、そうはいっても上手くいかなくなるとなかなか楽しむこともできなくなってしまうのも現実にありますよね。

僕なんかはちょっと上手くいかなくなるといろいろなことを考え過ぎてしまい、ダメなポイントが次々と出てきて自分に腹が立ったり悲しくなってしまいます。

悲観し過ぎて自分の存在を自分で否定してしまう位です。

それでも上手くいかないことも含めて楽しむというのが大切だと思います。

物事に取り組むとすべてが順風満帆には進みはしないのと同じでテニスの上達も上手くいく時もあればまったく上手くいかない時もあります。

上手くいかない時は何で上手くいかないのかその理由ばかり考えてしまいますが、余計な事を考えずにすべてを真っ白にリセットしてまずは楽しむということが大切だと思います。

人間のカラダは自分が思っている以上に優秀ですので頭で考えすぎないでカラダの動きに任せる、ゆだねる位の気楽な気持ちで取り組むと良いかもしれませんね。

今回の発見は自分にとっても、初心に返る大きな発見でした。

では夏本番で暑い日が続きますが1日1日を楽しんでいきましょう!

P・S くれぐれも炎天下でお酒を飲み過ぎて倒れないよう気をつけてくださいね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。