ワクワクテニス上達日記

テニスの上達につながるヒントや発見、思いついたことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
nakijingusuku


こんにちは、田村です。

今日は午前中、久しぶりに壁打ちに行ってきました。

久しぶりに壁に向かってボールを打っていて気付いたのですが、
壁打ちをする時に注意した方が良いポイントがあります。

まず、壁に向かってボールを打つと直ぐにボールが返ってきますよね。
人間同士のラリーよりも返ってくるタイミングがかなり早いです。

返ってくるタイミングが早いので次打つボールを腕力で強引に打ってしまうことがとても多いです。

そこでまず大事なポイントはやはり「構えを早くする。」です。

何日か前のブログにも書きましたが、準備を早くするにはテイクバックを早くするよりは打った後の構えを素早くすることの方が次の準備がリラックス且つスムーズにできるので次のボールがとても楽に打てます。

そしてもうひとつのポイントは何かというと、「打ち急がない。」です。

先に言いましたが、返ってくるタイミングが早いのでツイツイ早く打ちたくなってしまいがちですが、それは腕力に頼って打つことにつながりやすいです。

大切なのはどんなにボールが早く返ってきてるからといってうち急ぐのではなく、本来の自分の重心を感じている場所でボールを打つことがポイントです。

僕の経験からいくとだいたい焦って打っている時は自分の重心を感じていないので前のめりになって腕でラケットを振ろうとしています。

当然、腕は疲れてしまい、重た〜い感じになります。

それが壁打ちではより顕著に出るのですね。

そして最後のポイントですが、いきなり強く打とうとせず、まずはユックリした動作で行った方が自分の重心を感じるところでスウィングしやすいかなと思います。

そこから徐々にペースアップしていければ腕に負担はかからないと思います。

壁打ちって意外に奥が深いなぁと帰り道車を運転していて思ってしまいました。

壁打ちで一丁前にラリーができれば多分メチャクチャ上手くなっているのではないかなと思います。

何て言ったって壁は最強の敵であり、練習パートナーでもあるのですから。

みなさんも機会があったら壁打ちやってみてください。

※写真は壁打ちとは関係ありません。が、壁つながりで沖縄の今帰仁城跡の城壁の写真です。海が綺麗です!
スポンサーサイト
roger volley


おはようございます。田村です。

先日、準備を早くするにはどうすれば良いか書きましたが、

準備を早くするには。

ただすぐ構えるだけでは実は不十分なのです。

もうひとつ大切なことがあります。

それは「自分の重心を感じる場所に常に立つ」です。

どういうことかというと、簡単にいうと「バランスを感じる場所に立つ。」ということです。

高岡英夫さんの著書、「究極の身体」には地球の中心に向かって深くまっすぐ伸びる軸と天に向かってどこまでも伸びる軸がセンターと言っています。(多分そんな風に書いてあったような。ちゃんと確認していない。汗)

その地球に対して真っ直ぐ立っていると感じる場所が重心を感じる場所であり、バランスが良い場所、軸を感じる場所なのだと思います。

テニスにおいても重心を感じる場所がとても重要で打つ時だけではなく、構えている時から打つ時、打った後も重心の位置を感じることがとても大切です。

そして、前回のブログで書いたようにボールを打った後にすぐ構え直すのですが、重心を感じる場所で構えることが早い準備につながってきます。

そのように準備できるととてもスムーズに次のボールに入ることができるのですね。

逆に重心を感じない場所で構えるとどうなるかというと、姿勢を元に戻そうとする動きで時間をロスします。そうなると次の準備は必然的に遅くなるのでしょう。

理想は立っている時だけなく、動いている時も常に重心がわかると動きに無駄がなくなってスマートな動きになると思います。
roger ready position


おはようございます。田村です。

テニスは相手とボールを打ち合うスポーツですが、相手が打ったボールに対して準備(テイクバック)が間に合うか間に合わないかで次自分が打つボールが思った通りに打てるかどうかが決まってくると思います。

今まで僕は準備を早くするにはどうすれば良いのかな?と日々悩み、試行錯誤してきたのですが、

先日あることに気付きました。

それは「準備を早くするには限界がある。」ということです。

準備を早くしようと力んで腕の力で準備をしてしまい腕でボールを打ってしまうと、元も子もなくなってしまいます。

準備する際に大事なのはラケットは腕の力で引くのではなく、体幹(胴体)から準備することが大事なのですね。

そうすることで腕に余計な力は入りにくくなりますので体幹からスムーズにスウィングし易くなります。

さて、前置きが長くなりましたが、どうしたら準備が早くなるのかということの本題にいきたいと思います。

先に書いたとおり「準備を早くするには限界がある。」のですね。

下手に準備を早くしようとすると変なところに力が入ったりしてなかなかうまくいきません。

一旦、準備を早くするというポイントから離れて、ボールを打った後の事に注目してみましょう。

ボールを打った後、今度は相手がボールを打ち返してきます。
この時自分の打ったボールが気になって次の構え(レディポジション)がおろそかになっていると次の準備はどんなに頑張っても遅れてしまうと思います。

ボールの行方は誰もが気になるのですが、気にしつつも打った後はすぐに構える(レディポジション)ことがとても大切です。

この、「ボールを打った後にすぐ構え直す」動作が次の準備を早くするためのポイントだと思います。

そのことに気付いてまず自分で試してみたのですが、とても楽に準備できるんですね。

ボールを打った後にすぐ構えることで次のボールに対して余計な力が抜けてスムーズに準備することができ結果的に準備が早くなりました。

テニスを14年やってきて今頃気付いたのか!と我ながらバカだなぁと思いつつ世紀の大発見をしたかのような感動をしている自分がいました。笑

準備を早くしようとテイクバックを気にするよりも、実はその前の構えがとても重要な事だとは何だかとても不思議な感じがしました。

ちなみにプロ選手が練習している動画を見てみたのですが、テイクバックのスピードは特段早くはないのですが、ボールを打った後の構えがとても早いです。

みなさんも試してみてくださいね。
roger water


おはようございます。田村です。

ここ1週間くらい自分の中で色々なことがあってメンタルがとても不安定な感じでした。

自分でもどうして不安なのかなと考えてはみるものの精神的にふさぎ込んでいると面白いもので(自分の中ではまったくオモシロくない。泣)原因がまったくわからないんですね。

そんな感じで先日遊びでテニスで試合をしていた時に気付いたことがあります。

テニスの調子は悪くないのですが、なかなか自分のポイントに結び付かないことが続きました。

自分のサービスゲームでカウントが0-40になってしまい、このまま行ったらブレイクされてしまうところで、少し冷静に考えてみたところ頭の中に浮かんだ言葉が「ガツガツしてるなぁ」という言葉でした。

ガツガツして強引にポイントを取りに行こうとしているから失敗が多いのかな?と考えるようになり、強引に取りに行こうとせず力を脱いてプレーしたところなんと0-40からサービスキープすることができました。

ゲーム自体も6-2で取ることができとても良かったです。

そして、自分が何で不安なのかという原因もわかった気がします。

試合と同じで「ガツガツしていた」、「焦っていた」のですね。
ガツガツして強引にものごとを運ぼうとする姿は本来の自分ではないですよね。

無理しているので心が焦っていたのだと思います。

強引に進めようとしたところでうまくいくこともうまくいかなくなり、不安になっていたのかなと行き着きました。

原因がわかると今まで心の中を覆っていたドス黒い雲が一瞬にして晴れ間に変わり、気持ちがスッキリしました。

焦らず余計な力は脱いて、自分らしくいることが何よりも大切なことだと気付かされました。

その方が結果は良くなると思います。

止まない雨はありませんし、空けない夜はありませんね。
こんばんは、田村です。

YouTubeでは検索すると色んな選手の練習動画を見ることができますね。

お気に入りの動画はiPadに保存して大きな画面でゆったり見るのが最近は日課になっています。

僕はフェデラーが好きなのでiPadの中はフェデラーの動画が圧倒的に多いのですが、その中でも最近繰り返してみるほどお気に入りの動画がありますので紹介したいと思います。

タイトルが「Federer's forehand slow motion」で、フェデラーのフォアハンドストロークのスローモーションを集めた動画です。

federer fore london


フェデラーの美しいフォアハンドストロークとバックでかかってる音楽がとても合っていてとてもカッコいいです。

その中で特にお気に入りのシーンがあり、ウィンブルドンでのフォアハンドストロークはとても美しいですね。

後ろ髪を結っているので2004年頃の映像だと思いますが、この映像を見た瞬間「まるで地球が自転している」様な印象を受けました。

とても綺麗な軸でブレることなく回転しているその姿はまさしく真っ暗な宇宙に浮かぶ地球が回転している姿と重ね合わせてしまったのです。
(完全に頭がおかしなことになっていますね。苦笑)

何だかとても壮大な表現をしてしまいましたが、まぁそれぐらい感動したということが言いたかったのです。

フェデラーのフォアハンドは宇宙と肩を並べる程の壮大な訳ですがこの動画で注目すべきポイントはやはりラケットのでどころの遅さにあると思います。

フェデラーに限らずプロのスウィングはスウィングが始まってからラケットが出てくるのがとても遅いです。出来るだけ手元にボールを呼び込んでいって最後の最後でやっとラケットのフェースが出てきてインパクトの瞬間が凝縮されるので凄まじいボールが飛んで行くのですね。

フェデラーまではいかなくともラケットヘッドが遅れて出る感覚でボールを打つことができるとボールはとても簡単に飛んでいくのでテニスがとても楽になると思います。

マスターズローマ大会でナダルとフェデラーが決勝で当たりそうですね。これから準決勝なのでまだ決まった訳ではありませんが、ドローを見ると多分そうなる予定なので、久々のナダル対フェデラー戦見てみたいですね。

federer fore rome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。